Home › 高分子講座・高分子講演会・高分子材料研究会

2019年度|高分子講座・高分子講演会・高分子材料研究会

第19回中国四国地区高分子材料研究会

詳細が決まり次第お知らせします

 

第45回中国四国地区高分子講座
「多様な原料を利用したソフトマテリアルの創製と応用」

本講座では、典型元素、C1化合物、生体物質を利用した新しい手法によるソフトマテリアルの合成と物性および応用に関する研究を遂行されている3名の講師をお招きして、最新の研究成果を紹介していただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日 時

 2019年9月20日(金)13:30–17:30

会 場

島根大学総合理工学部3号館2F多目的ホール
(島根県松江市西川津町1060)

 

プログラム

  1. 講演1(13:35–14:50)
    π電子系の元素架橋による電子状態制御と高分子材料への応用
    (広島大学大学院工学研究科応用化学専攻)
    大下 浄治 先生
  2. 講演2(14:55–16:10)
    クロロホルムをC1ビルディングブロックとする光オン・デマンドポリマー合成
    (神戸大学大学院理学研究科科学専攻)
    津田 昭彦 先生
  3. 講演3(16:15–17:30)
    カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の生理機能と実用化に向けた取り組み
    (鳥取大学大学院工学研究科化学・生物応用工学専攻)
    伊福伸介 先生

 

参加要領

  1. 定員100名
  2. 参加費無料
  3. 申込方法 
    件名に「中国四国支部高分子講座 申込」と記載のうえ、氏名・所属・連絡先を明記し、9月13日(金)迄にE-mailで下記の連絡先までお申し込みください。席に余裕があれば、当日申込みも可能です。

 

連絡先・問合先

 山口 勲

 島根大学大学院 自然科学研究科 環境システム科学専攻

 E-mail:iyamaguchi@riko.shimane-u.ac.jp

 Tel: 0852-32-6421

 

 

2019年度中国四国地区高分子講演会
「機能性高分子の分子合成、自己組織化、機能デザイン」

社会に有用な機能性高分子材料を創成するには、分子レベルの反応デザイン、高分子鎖の凝集構造制御、超分子凝集体としての機能デザインを相互に連携させながら進める必要があります。本講演会では、これらの領域で優れた研究活動を展開しておられる3名の先生方に講演をお願いしました。

 

日 時

 2019年11月29日(金)14:40–17:40

会 場

 香川大学創造工学部 6号館6202号室

 

プログラム

  1. 開会の辞(14:40–14:45)
  2. 講演1(14:45–15:35)
    縮合反応による高分子の精密合成関連
    (徳島大学)
    押村 美幸 先生
  3. 講演2(15:35–16:25)
    コレステリック高分子関連
    (京都大学)
    長田 裕也 先生
  4. 休憩(16:25–16:45)
  5. 講演3(16:45–17:35)
    電子機能性液晶材料のメゾフェーステクノロジー関連
    (奈良先端科学技術大学院大学)
    清水 洋 先生
  6. 閉会の辞(17:35–17:40)

 

 

 

連絡先・問合先

 舟橋 正浩・上村 忍・磯田 恭佑

 香川大学創造工学部先端マテリアル科学コース

 E-mail:m-funa@eng.kagawa-u.ac.jp(舟橋正浩)

 Tel:087-864-2411

 

題目や申込み方法等は決まり次第お知らせします

 

第34回中国四国地区高分子若手研究会

若手会の詳細はこちらへ