リサイクルとは、一度使った資源を回収して再利用することをいいます。プラスチック(合成樹脂)を上手にリサイクルできれば、製造コスト、環境汚染のリスク、そして天然資源の無駄遣いを大幅に減らすことができると期待されています。

さて、皆さんはプラスチックがどのようにリサイクルされているのか知っていますか?

現在、廃プラスチックをリサイクルする方法として、以下の3つの手法のいずれかが適用されています。

1) マテリアルリサイクルとは?
廃プラスチックを溶融して原料ポリマーを回収し、そのポリマーを加工して、新たな製品を作ることをいいます。

2) サーマルリサイクルとは?
廃プラスチックを焼却することが前提で、発生した熱をエネルギーとして回収・利用することをいいます。また廃プラスチックから固形燃料を作ることもこれに含まれます。

3) ケミカルリサイクルとは?
化学反応を利用して、廃プラスチックを別の有用分子に変換することをいいます。ポリマーを脱重合させてモノマーを回収することや、ポリマーから有用なガス、油、炭へ化学的に分解することなどが例として挙げられます。

リサイクル

これらの中でも、特にケミカルリサイクルには研究の余地が多く残されていて、最新の学術誌の中でもしばしば話題になり、新しい方法が盛んに提案されています。

他の記事でも紹介されているように、私たちはプラスチックだけではなく、繊維、ゴム、紙などの様々なポリマーに囲まれて生活しています。高分子の研究には、新機能を持った新しいポリマーの創出は当然重要ですが、既存の汎用ポリマーの画期的なリサイクル法の開発も重要な課題の1つなのです。読者の皆さんが将来研究者になって、こうした課題に対して私と一緒に研究して欲しいと願っています。

こやまレンジャー