こんにちは。

学生レンジャーの道堯です。

 

日差しの暑い日が増えてきましたね。夏まであともう一歩です。

 

先日、関西地方の神戸市で開催された「学会」に行ってきました。

CIMG9797

と、いうこともあって、この記事では「学会」がどんなものなのか紹介したいと思います!

 

 

今回私が参加した学会は、正しくは「高分子学会年次大会」という名前です。

その学会では、高分子を研究している日本中の何千人もの科学者たちが年に一度集まり、そして学生や先生たちが分け隔てなく、それぞれがこれまで研究してきたことについて、三日間かけて発表したり話し合ったりします。

それぞれが一年間がんばって研究してきた成果を発表する場所なので、発表する人も聴く人もドキドキとワクワクでいっぱいです!

 

 

学会での発表の方法は二種類あります。

 

一つは、学校の教室のように、聞く人が部屋の中で何人も座り、発表者が一番前で大きな画面の映像を使って話をする方法です。

発表を終えたら、聴いている人による質問のコーナーもあって、わかりにくいところを教えあったり、発表者の研究がさらにおもしろくなるよう意見を出し合ったりします。

 

もう一つは、1メートル以上ある大きな紙に自分の研究内容をまとめて、その紙の前に立って発表する方法です。

この方法をポスター発表と言って、ひとつの大きな部屋に何十枚、何百枚ものポスターを貼り出して全員が一斉に発表するので、まるでお祭りのようだったりもします。

CIMG9802

 

 

また、実は学会といえば、ただ研究について発表して終わりではありません。

 

学会とは、全国から集まった科学者たちと仲良くなるチャンスなのです!

ということで、夕方ころすべての発表が終わったら、それぞれの研究分野の人たちで集まって、食事をしたり、お酒を飲み交わしたりするのが学会のお決まりコースです。

 

ということで、私も全国各地の学生たちとみんなでご飯を食べてきました!

学生ながらすでに一流の科学者の仲間たちと友達になっておしゃべりをするのはとっても楽しいですよ!

IMG_6923

 

 

今回は学会についてお話ししてきました。

高分子の学会以外にも、世界中にいろんな学会が何百種類もあって、将来みなさんが科学者になったら、きっとどこかの学会で発表することになると思います。

私たちは、みなさんが高分子に興味を持って、高分子の研究をするようになって、そして高分子の学会でみなさんと会って友達になることを心から楽しみにしています!

 

それではみなさん、いずれ「学会」で会いましょう!

みちたかレンジャー