副塾長のこばやしです。今回は、9月10日~11日に開催された化学系学協会東北大会のご報告をいたします。

大会名だけを見ると、他の学会のご報告 ??? のように思われますが、これは歴とした高分子学会関係のイベントです。

会場は福島県いわき市にある、いわき明星大学でした。とてもきれいなキャンパスです。

img_20160910_144508

化学系学協会東北大会においては、高分子関連は二つのセクションが開催されました。

【高分子化学・繊維化学セッション】

および

【高分子化学コロキウム~高分子化学の新潮流~】

です。

このように、化学系学協会のイベントで二つものセクションがもうけられるということからわかるように、高分子は化学の中でも重要な分野の一つです。

それ以外にもいくつかの分野の発表を同時に聴講することができました。

通常の学会ではその分野のコアなお話を聞くことはできるのですが、異分野のお話を聞くことはとても困難です。しかし、このような地方大会では高分子だけでなく異分野の研究発表も同時に聴講可能であり、二日間という短期間の開催ではありますが、非常に多くの情報に触れることができます。

それに、その土地の文化的なものに触れることができます。下の写真は懇親会の時に拝見したいわき名物フラダンスです。

主催者の方達もここに一番(?!)力を入れてくれるので、向学のために懇親会の参加は欠かせません。

dsc_0533

最後の講演はChemStation代表の早稲田大学の山口先生でした。

“ケムステ”でご存じの塾生もたくさんいらっしゃると思いますが、あのサイトを運営している山口先生の講演は非常に面白かったです。

内容は・・・これからこういう講演もふえてくるそうなので、いつかは高分子学会のイベントで話を聞くチャンスができると思いますので、その時までのお楽しみです。

img_20160911_133054

この記事の最後になりますが、高校生のご発表もあったことに触れておこうと思います。

東北地方のいくつかの高校の科学部が日頃の部活動の成果をポスター発表していました。

私が高校生の時にはこのような学会の場で発表するなんて言うことは考えもしたことがありません。高校生にとってとてもすばらしい企画だと思います。

先日、駒場東邦高校の科学部の紹介が高分子未来塾でありました。

うちのクラブを紹介してほしい!と思われた場合には、顧問の先生に相談をしてみてください。

多くの科学クラブからの紹介記事投稿をお待ちしております。

こばやし副塾長