<対象学年:小学生高学年以上>

1. 必要なもの
・牛乳
・食酢
・コーヒーフィルター
・ガーゼ
・キッチンペーパー
・型
・電子レンジ

 カゼインを先に調べておこう!

2. やりかた、つくりかた
① 牛乳を温める。


② 食酢を加えて、カゼインを凝集させる。


③ カゼインをこしとる。


④ ガーゼにとり、十分に水分を絞り出す。
⑤ 型に入れて、指で何度も押しながら、型の隅々までカゼインが 行きわたるようにする。
⑥ 電子レンジで数秒温めると軟らかくなるので、そこで さらに指で押す。(熱いので注意)
⑦ 何度も押しながらひび割れているところがなくなるまで、
電子レンジでの加熱と、指を使った圧縮を繰り返す。 ときどき、キッチンペーパーで水分を取る。
⑧ ある程度、形が整ったら、型から取り出す。
⑨ 後は、2、3日程度、風通しのよい場所で乾燥させる。
ときどき、ひっくり返すほうがよい。
この方が一様に乾燥させることができる。

3. 気をつけること
・電子レンジからとりだすときには、やけどしないように気をつけてね!

   

   
以上が手で押しただけの成形でも、こんなにかわいい♪

 

・考えてみよう(たにぐち先生のつぶやき)
100℃で5MPa(カゼインは150℃まで安定と言われています)で20分程度プレス成形すると透明になります。
透明なのがわかりますでしょうか?
かなり硬くなります。 子供達に「これ硬いから、絶対手では割れないよー♪~」
って言って渡していたら、しばらくして割って持ってきた。(TvT)
「えー! (TvT) (絶対割れなく位の硬さなのに)」と思って、聞いてみたら、
「近くに置いていたプレス機を使って割った」って…. (TvT)
下の破片が残骸です。(また、作らなきゃ…)

結構楽しんだよね(研究の合間にて…)。

たにぐちレンジャー

※米沢市 理科研修センターで開催された子どもたちを対象とした講座より転載