こんにちは。学生レンジャーの三浦です。普段は京都で、お薬に応用できる高分子ゲルを研究しています。
高分子の大きな学会は年に2度あり、5月に年次大会、9月に討論会が行われます。
つい先日、第67回高分子年次大会が名古屋国際会議場で行われたので簡単に報告します。

名古屋国際会議場は名古屋駅から数駅だけ離れた、非常に便利な場所にあります。
着くとすぐにシンボルとも言える、非常に大きい像が目に留まりました。


建物3階程度の高さがあります

4つの建物から成るとても広い会場で、学会中に違う建物でコンサートが行われていたりと、様々な用途に使われる会場のようですね。

学会中は、たくさんの会議室で異なるテーマの研究発表が行われました。
高分子の合成方法や、その機能に関する研究、医薬品や環境に関する高分子の研究など、非常に様々でした。
研究発表を聞きに行き、その分野の最先端の情報を得て、このアイディアはおもしろい!と感心したり、自分の研究に応用できないかな、と考えながらお話を聞くのはとても楽しい時間でした。
また、お気に入りの研究室の発表を追っかけのように聞きに行くのもとても楽しいです。その研究室のアイディアや技術を知ることが出来、前回の発表からの進捗を聞くのはワクワクします。

また、折角名古屋まで来たのだからと名古屋名物を楽しみました。
小倉トースト、手羽先、ひつまぶしなどの美味しいご飯を食べ、会場近くにあった熱田神宮へも観光へ行きました。
このような、ちょっとした旅行気分も味わえるのが学会の醍醐味です。


熱田神宮。綺麗な緑と静かな雰囲気で、とても素敵でした。


熱田神宮横にある、あつた蓬莱軒のひつまぶし。もちろん美味しかったです。

次の大きな学会は9月に北海道大学である高分子討論会ですね。
会場でお会いしましょう!

みうらゲストレンジャー
京都大学 秋吉一成研究室 D2: http://www.akiyoshi-lab.jp/