みなさん、こんにちは。筑波大学大学院の新山瑛理です。
私が在籍している物質・材料工学専攻は同じくつくば市にある国立研究開発法人 物質・材料研究機構(通称NIMSと呼ばれています)と連係大学院でつながっているため、普段はNIMSにて研究を行っております。
NIMSには世界最先端の装置や世界トップクラスの研究者が集まっているため、とてもよい環境で研究ができるのが魅力です。

さて突然ですが、皆さんは“スマートポリマー(スマポ)”をご存じでしょうか?

日本語でスマートは「賢い」、ポリマーは「高分子」という意味です。
つなげると、「賢い高分子」となります。
「高分子」は皆さんの身の回りにあるプラスチックの成分ですよね。
それでは、スマポ、「賢い高分子」は、何が「賢い」のでしょうか?ちょっと見てみましょう。

スマポをお湯につけてみるとどうなるでしょうか。

透明な溶液が、白く濁りました。

では、光を当ててみるとどうでしょうか。

花のような形が、広がりましたね。

それでは、大きく引き延ばしたスマポのフィルムを、お湯につけるとどうでしょうか。

なんと、もとのサイズに縮むことができるのです。

このようにスマポは、熱や光など周りの環境の変化に応じて、その性質や形状を可逆的に変えることができます。まさに、「賢い」高分子ですね。

例えばチョコレートは、暖かい場所では溶けて柔らかくなり、冷やすとまた固まります。
これは天然の高分子の機能によるものです。
同じように、熱や光などの様々な環境の変化に応じてその性質が変わるように、高分子を設計することができます。

私たちは、様々なスマポの性質を知ってもらうため、「ナノ戦隊スマポレジャー」の活動をNIMS行っています。
「ナノ戦隊スマポレジャー」は、スマポからできている5人のレンジャーで、それぞれスマポの機能を表す必殺技をもっているのです。

Part2では、スマポの応用につきまして、私達の研究を交えて紹介いたします!

私たちの研究やスマポレンジャー、スマポに興味をもった方は、ぜひ私たちのホームページに来てください!
ホームページ:http://www.nims.go.jp/bmc/group/smartbiomaterials/index.html (外部ページに飛びます)

新山ゲストレンジャー
筑波大学大学院 荏原研究室 D3:https://samurai.nims.go.jp/profiles/EBARA_Mitsuhiro?locale=ja