ようこそ高分子未来塾®へ

高分子学会会長の秋吉です。
高分子という言葉を聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
実は、高分子は身の回りにたくさん存在しているのです。
ポリ袋、ペットボトル、トレー、歯ブラシ、衣服(繊維)など身近にあふれています。
また、携帯電話、自動車や飛行機、住宅資材のような工業製品、さらに、コンタクトレンズをはじめとする医療の分野など、様々なところで活躍しています。
今では社会になくてはならない存在です。
一方で、生物、もちろん、私たちの体も高分子でできていることは知っていますか。
タンパク質、核酸、多糖は、私たちの体を作っている大切な成分で、最も古くから地球上に存在している高分子です。
地球上では、光をエネルギーとして糖を合成し、それを原料として様々な高分子が創り出されています。
高分子が生まれなければ、生命も誕生しなかったのです。
我々は、それまで地球上にはなかった高分子を人工的に合成することに成功しています。
例えば、絹(タンパク質)などの天然由来の材料の代わりになるナイロン繊維の合成や、フェノール樹脂(ベークライト)という人工プラスチックの合成がその始まりです。
人類が自分の手で高分子を作り始めて、まだ100年あまりです。
この間には、数々の高分子の発見と実用化を目指した多くの人々の、研究と開発の物語があります。
先に挙げた身の回りの高分子の中にも、生命に存在する高分子の構造や働きにヒントを得て開発されたものも少なくありません。
未来塾のホームページには、高分子に関する様々な情報がつまっています。
大学で高分子を学び、研究しているレンジャーさん達が、わかりやすく説明してくれています。
皆さんが思っている以上に様々な分野で高分子が活躍していることが分かってもらえることでしょう。
私たちは、好奇心に満ちた若い皆さんに未来塾を通じて、高分子のサイエンスを知り、驚き、そして、考えてもらえることを願っています。
将来、サイエンスを楽しむ仲間としてお会いできる日が来ることを心待ちにしています。

公益社団法人 高分子学会
第35期会長    秋吉一成