皆さんこん○○は。まともなアイコンの方の副塾長のこばやしです。
カエルのアイコンの方の副塾長さんと同じく、今討論会(とうろんかい)会場におります。
今回は他の研究者の研究成果を聞きに来ています。
さて、学会発表というとなにやら難しいことをしゃべっているように思うかもしれませんが、残念ながらその通りです。
でも、その難しい発表にも所々に何となくおもしろそうなことがでてくるんです。学会のよいところは、わからなかったら、すぐに聞くことができることです。その研究をしている人に直接聞くことができる貴重な機会なのです。
そういうことで、研究者になってもまだまだ勉強できる場として、とても楽しい時間を過ごしています。
ところで、学会の楽しみはそれに加えていくつかありますが、
1)ご当地のおいしいものをいただける。
2)観光地に行ける。
等、一粒で二度以上おいしい旅となるわけです。
ちなみに今回は仙台なので、
1)ぎゅうたん
2)ずんだ
3)ささかま
を堪能(たんのう)できます。そのうちこれら食べ物と高分子の関わりについても記事にしますので、楽しみにしてくださいね。
【塾長からのコメント】仙台の「食べ物と高分子の関わり」の記事はとても楽しみですね〜。首を長〜くしてお待ちしております。