こんにちは、増田レンジャーです。
先日、大阪大学にて開催させていただいたMoving LAB @ CAFEのレポート第2弾です。

サイエンスカフェでは、大学の学生・研究者のコミュニケーションをテーマとしましたが、今回は大学の学生・研究者からのコメントをご紹介します!

鈴木レンジャー
高校生のみなさんが講師の先生の話を目を輝かせながら聞いている姿を見て、自分が高校生の頃を思い出しました。
自分が高校生の頃も、たくさんの大学の先輩たちから話を聞いて自分の将来を考えていました (今もそうですが) 。
そのような自分の経験が少しでも役に立てたのであれば嬉しいです。

三浦レンジャー
たくさんの高校生とお話が出来て、大学のこと、研究のこと、そして高分子のことを少しは伝えられたかなと思います!
高分子は授業だけではイメージしにくい分野ですが、身の回りにたくさん溢れています。是非探してみてくださいね。
もしも、今回のMoving LABで興味を持ってくれて、将来の選択肢に高分子研究者への道が加わっていたらとても嬉しく思います。

香門レンジャー
今回のサイエンスカフェでは、身の回りから最新の高分子について紹介し、研究者(あるいは将来の夢)への道のりについて様々にディスカッションさせていただきました。
高分子と研究者について少しでも興味を持っていただけたら嬉しく思います。
私も高校生のフレッシュさから刺激をもらいました。
高校生と若手研究者が交流する珍しい本企画を立ち上げくださった増田先生を始め、皆さまと貴重な時間を過ごさせていただき、大変勉強になりました。
今後も、高分子と研究者の魅力を追求し、日々精進していこうと思います。
最後になりましたが、本サイエンスカフェ開催にあたりましてお世話になりましたすべての方々に深く感謝申し上げます。

新山レンジャー
高校生と話すと、そもそも大学院とは何なのか、今の勉強がどんなことに役立つのかといった質問が多かったです。
私たちのような立場では当たり前に思っていることでも、高校生たちには学問的なこともキャリアのことでも疑問となることはたくさんあると改めて実感いたしました。
当時私も同じようなことを考えていたなあと懐かしく思いながらも、今回のようなMoving LABが高校生のそんな疑問を解決しつつ、今受けている授業や将来について少しでも考えるきっかけになるのではないかと思います。
私も高校生の時に今の職につくことを想像して進路を選択してきたわけではないので、今の自分が将来何をしたいか、何を大事にしていきたいか考えて貰えればと思いました。

増田レンジャー
高校で勉強すること・体験することは、大学からの勉強や研究にも確かにつながっているのではないかな、と思いました。
「勉強のやる気を出す方法」について質問をいただきましたが、得意なことは周りの人に教えながら勉強するのも有効かと思います!(逆に、苦手なら素直に質問してみる、など) 日々の勉強もコミュニケーション・つながりが大事ですね!
今回のサイエンスカフェが、将来にとって少しでもヒントになっていれば嬉しいです。

次回以降のMoving LAB企画もお楽しみに!

高分子未来塾® Moving LAB 講師一同