Webinar開催予定

archive

No.1410 バイオマスプラスチックスの開発現状と今後の動向について(山本 智義)

講演No.1410 「バイオマスプラスチックスの開発現状と今後の動向について」 山本 智義(帝人) 2015年3月10日実施 概要 ステレオコンプレックスポリ乳酸、ユニークな特徴を有する加水分解防止剤である環状カルボジイ …

No.1409 希土類錯体触媒の基礎ならびに精密重合触媒への応用(侯 召民)

講演No.1409 「希土類錯体触媒の基礎ならびに精密重合触媒への応用」 侯 召民(理研) 2015年2月10日実施 概要 希土類元素は、典型金属や後周期遷移金属には見られない独特な性質を有する。本講演では、希土類元素の …

No.1408 リビングカチオン重合と機能性ポリマーの創製(青島 貞人)

講演No.1408 「リビングカチオン重合と機能性ポリマーの創製」 青島 貞人(阪大院理) 2015年1月20日実施 概要 カチオン重合は制御困難な重合として知られていましたが、最近、様々な特徴を有するリビング重合が見い …

No.1407 アニオン重合の基礎から最近の進歩(平尾 明)

講演No.1407 「アニオン重合の基礎から最近の進歩」 平尾 明(東工大名誉) 2014年12月9日実施 概要 アニオン重合の基礎から最近の進歩まで、モノマー、添加物、および重合系について説明いたします。後半部では、リ …

No.1406 リビングラジカル重合の基礎と応用(澤本 光男)

講演No.1406 「リビングラジカル重合の基礎と応用」 澤本 光男(京大院工) 2014年11月25日実施 概要 ラジカル重合は工業的にも学術的にも重要な重合反応であり,その精密制御は現在広範に研究されている。工業化を …

No.1405 熱電変換材料・デバイスの新展開:印刷技術で作製可能なフィルム状の熱電変換素子(星野 聰)

講演No.1405 「熱電変換材料・デバイスの新展開:印刷技術で作製可能なフィルム状の熱電変換素子」 星野 聰(産総研) 2014年10月14日実施 概要 製造に印刷技術が適用可能で低コスト生産・大面積化に有利、レアアー …

No.1404 高分子固体構造ー物性の基礎(金谷 利治)

講演No.1404 「高分子固体構造ー物性の基礎」 金谷 利治(京大化研) 2014年9月16日実施 概要 高分子固体はナノメートルから数ミリメートルまでの広い長さスケールで様々な階層構造をとり、その階層構造が物性を大き …

No.1403 次世代自動車における高分子材料(草川 紀久)

講演No.1403 「次世代自動車における高分子材料」 草川 紀久(高分子環境情報研) 2014年8月26日実施 概要 環境に優しい自動車として、現在ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、電気自動車が人気を集めていま …

No.1402 超短フェムト秒パルスレーザーと高分子材料の相互作用(平尾 一之)

講演No.1402 「超短フェムト秒パルスレーザーと高分子材料の相互作用」 平尾 一之(京大院工) 2014年7月29日実施 概要 非熱過程でありながら電場強度が非常に高いフェムト秒レーザーパルス光を高分子材料内部に空間 …

No.1401 より持続可能な社会を実現するバイオ技術と素材開発ーデュポンの事例を中心に(賀来 群雄)

講演No.1401 「より持続可能な社会を実現するバイオ技術と素材開発ーデュポンの事例を中心に」 賀来 群雄(デュポン) 2014年6月16日実施 概要 我々が住む地球で起こっている急激な人口増加、化石燃料の枯渇、地球環 …

« 1 7 8 9 11 »
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人 高分子学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.