第4回北関東地区講演会 開催報告

平成30年度より、支部活動のより一層の活性化を促進するために、群馬・栃木地区と埼玉地区が合併し、「北関東地区」として活動を開始しました。第4回目の今回は、群馬大学理工学部を主管として、オンライン開催しました。群馬大学理工学部では、2021年度から5学科体制から2類8プログラム体制に生まれ変わり、新たに「材料科学プログラム」が開設されました。また、高分子をはじめとする様々な材料を用いて超高性能膜を創製する「スーパー・メンブレン」プロジェクトが群馬大学本部が指定する推進研究(G2)として展開されています。そこで、今回は、「高分子材料の反応と劣化」を主題として、下記の招待講演2件をお願いしました。

前半では、量子科学技術研究開発機構(高崎市)の前川博士から、放射線グラフト重合を用いた電池膜創製に関する研究をご紹介いただきました。前川先生は、群馬大学の客員教授も勤められています。これまでのご研究をまとめた形で、放射線グラフト重合に関して、学術的観点から膜応用、さらに、マテリアルズ・インフォマティクスを駆使した膜材料開発まで、幅広い内容についてご紹介いただきました。

また、後半では、化学物質評価研究機構(埼玉県杉戸町)の近藤博士から、合成ゴムの劣化メカニズムに関するご講演をいただきました。ゴム・マトリクスおよび充填剤の比率のみならず、界面での相互作用をはじめとした合成ゴムならではの構造特異性と物性との相関に様々な分析手法を駆使してアプローチされており、専門機関ならでは分析技術の高さに聴講者の多くが感銘を受けました。

両ご講演とも、大学のみならず、企業の方も数多く拝聴されており、お二方のご研究の産業的有用性をあらためて感じました。

また、上記の招待講演の間に、38件のポスター発表が行われ、発表者と参加者の間で熱心なディスカッションが行われました。参加された教職員・企業・官公庁の方々による審査の結果、下記の優秀賞ポスター5件が選出されました。

【優秀ポスター賞】

群馬大院理工 河端夏輝

「針状常磁性体を用いたex-situ固体NMRによる薄膜材料のイメージング法の開発」

群馬大院理工 松原希宝

「GFN2-xTBを利用した活性化エステルの計算化学的解析と高分子修飾反応への応用」

群馬大院理工 原田瑞己

「セルロース繊維を素材とするバイオディ-ゼル製造用グラフト触媒の開発」

宇都宮大 木村栄美

「シイタケ菌糸体による各種バイオマス素材分解能の解析」

群馬大院理工 髙澤彩香

「バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの分子鎖絡み合い特性が溶融延伸性に与える効果」

 

北関東地区代表幹事 上原 宏樹(群馬大学)

第65回 茨城地区活動講演会

第65回 茨城地区活動講演会

日時:2021年11月18日(木)14:10-17:20

開催方法: 高分子学会が契約する Webex を用いたオンライン

主題:モビリティーと高分子

二酸化炭素を削減するため、各国では規制による自動車の電動化が急加速しております。本講演会では、自動車の電動化に必要な軽量構造体製造の要となる高強度樹脂や種々部材の接着技術、および駆動に必要な電池や電動機に関わる樹脂について各先生方にご講演いただきます。

プログラム

14:10 開会のあいさつ

14:15-15:15 演題:ダブルネットワーク原理による高靭性複合材料の設計と創製*

北海道大学 野々山貴行先生

15:15-16:15 演題:接着接合部の力学特性評価手法

物質・材料研究機構 内藤公喜先生

16:15-17:15 演題:脱炭素社会を支える日立の高分子技術

(株)日立製作所 奥村壮文氏

17:15 閉会のあいさつ

*最初のご講演の講演者が、龔剣萍先生から野々山貴行先生に変更となっております。

参加要領: 1) 定員: 最大 200 名 2) 参加費: ① 会員・法人会員企業社員・学生 無料、② 非会員 1000 円 【関東支部の口座にお振込ください: 三菱 UFJ 銀行 京橋支店 (普通) 1652367 公益社団法人 高分子学会 関東支部長 伊藤耕三 (イ トウコウゾウ)】 3) 申込方法: 氏名、勤務先、連絡先、オンライン会議用 e-mail アドレス、種別 (個人会員、法人会員、 学生、非会員の別) を明記の上、E-mail でお申込み下さい。 4) 申込〆切: 11 月 11 日 (木) 5) 連絡・お問い合わせ先: 株式会社 日立製作所 電動化イノベーションセンタ 村木 孝仁 〒319-1292 茨城県日立市大みか町 7-1-1、e-mail: takahito.muraki.jn@hitachi.com

第 64 回 茨城地区活動講演会 高分子とバイオの接点

第 64 回 茨城地区活動講演会

日時: 令和 3 年 (2021 年) 6 月 11 日 (金) 13:10~

開催方法: 高分子学会が契約する Webex を用いたオンライン

主題: 高分子とバイオの接点

プログラム (講演 45 分、質疑応答等 5 分):

13:10

開会の挨拶

13:15~14:05

講演 1: 形状記憶ポリマーとその応用

(NIMS) 荏原 充宏 センター長

14:05~14:55

講演 2: 高分子ゲルの医用応用にむけた基礎学理の解明

(東大) 酒井 崇匡 教授

14:55~15:05

休憩

15:05~15:55

講演 3: ポリイオンコンプレックスゲル粒子の化粧品への応用

(日本ロレアル) 白谷 俊史 氏

16:55~16:45

講演 4: 環境循環材料としての多元ポリ乳酸 P(LAHB): 生合成 & 生分解

(東農大) 田口 精一 教授

16:45~16:55

昭和電工マテリアルズ株式会社の紹介

16:55

閉会

17:00~ (1 時間程度)

講師を交えて交流会

 

参加要領:

1) 定員: 最大 200 名

2) 参加費: ① 会員・法人会員企業社員・学生 無料、② 非会員 1000円 【関東支部の口座にお振込ください: 三菱 UFJ 銀行 京橋支店 (普通) 1652367 公益社団法人 高分子学会 関東支部長 伊藤耕三 (イトウコウゾウ)】

3) 申込方法: 氏名、勤務先、連絡先、オンライン会議用 e-mail アドレス、種別 (個人会員、法人会員、学生、非会員の別) を明記の上、E-mail または FAX でお申込み下さい。

4) 申込〆切: 6 月 4日 (金)

5) 連絡先・お問い合わせ先: 昭和電工マテリアルズ株式会社 先端技術研究開発センタ 松谷 寛

300-4247 茨城県つくば市和台48 番、e-mail: matsutani.hiroshi.xikla@showadenko.com、Fax: 029-864-6467

 

接続テスト: 6 月 8 日 (火) 及び 6 月 10 日 (木) を予定しております

【11/5オンライン開催】第63回茨城地区活動講演会 バイオ・超分子・高分子のコラボレーション

主催      高分子学会関東支部

日時      2020年11月5日(木)  13:25-16:50

開催方法:Teamsによるオンライン開催

 

お申込みは下記URLからお願いします(申込〆切:2020年10月26日(月))。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=yP6nGC9lm0CDaSctnOgGIEddpwpTqAhBrixsNrEeaOhURVc1U1I3SVU5SFNLNlEwM083SDRTNjNMMC4u

 

【プログラム】

13:25-13:30 開会挨拶

(1) 13:30-14:20

高分子ライブラリを用いた生体模倣センシングシステムの構築                                                                                                (産業技術総合研究所)冨田 峻介

(2) 14:20-15:10

生体内環境で機能する超分子          (東京農工大学)村岡 貴博

(3) 15:10-16:00

固液界面での分子集合制御と機能性       (明治大学)田原 一邦

(4) 16:00-16:50

表面力測定による高分子材料評価        (東北大学)栗原 和枝

 

【参加要領】

1)定員:200名(定員に達し次第、申し込みを締め切ります)

2)参加費:①会員・法人会員企業社員・学生 無料、②非会員 1,000円(関東支部口座へお振り込みください:三菱UFJ銀行 京橋支店 (普通) 1652367 公益社団法人高分子学会 関東支部長 伊藤耕三(いとうこうぞう)

3)申込〆切:2020年10月26日(月)

担当:国立研究開発法人産業技術総合研究所 吉川 佳広、亀田 直弘

E-mail: y.kikkawa@aist.go.jp

【開催中止】第 62 回 茨城地区活動講演会 (6/12)

新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、参加者の安全を第一に考慮し、開催中止といたします。

第 62 回 茨城地区活動講演会
日時: 令和 2 年 (2020 年) 6 月 12 日 (金) 13:55~
場所: 日立化成 (株) 先端技術研究開発センタ (茨城県つくば市和台 48 番、TEL 029-864-4000)
主題: 高分子とバイオの接点
共催: 日立化成株式会社
交通: 研究学園駅 12:45 発 (つくバス) → テクノパーク大穂 13:17 着 → (徒歩 10 分) → 会場
プログラム:
13:55
開会の挨拶
14:00~14:50
講演 1: 形状記憶ポリマーとその応用 (NIMS) 荏原 充宏 センター長
14:50~15:40
講演 2: 高分子ゲルの医用応用にむけた基礎学理の解明 (東大) 酒井 崇匡 准教授
15:40~15:45
休憩
15:45~16:35
講演 3: ポリイオンコンプレックスゲル粒子の化粧品への応用 (日本ロレアル) 白谷 俊史 氏
16:35~17:25
講演 4: バイオで作る「多元ポリ乳酸」: 透明でしなやかで海洋分解も (東農大) 田口 精一 教授
17:25
閉会
→北部工業団地南 (敷地前) 17:42 発 (関東鉄道バス) つくばセンター 18:15 着
→テクノパーク大穂 (徒歩 10 分) 17:50 発 (つくバス) 研究学園駅 18:35 着
17:30~
懇親会

参加要領:
1) 定員: 60 名
2) 参加費: ① 会員・法人会員企業社員・学生 無料、② 非会員 1000円
3) 懇親会費: 4000円 (当日お支払い)
4) 申込方法: 氏名、勤務先、連絡先、種別 (個人会員、法人会員、学生、非会員の別)、懇親会出欠を明記の上、E-mail または FAX でお申込み下さい。
5) 申込〆切: 6 月 5日 (金)
6) 連絡先・お問い合わせ先: 日立化成株式会社 先端技術研究開発センタ 松谷 寛
300-4247 茨城県つくば市和台48 番、e-mail: h-matsutani@hitachi-chem.co.jp、Fax: 029-864-6467

【11/12開催】茨城・千葉地区合同講演会

茨城・千葉地区合同講演会

(第61回茨城地区活動講演会97回千葉地域活動高分子研究交流講演会)

主題 ポリマー新時代:美しさと調和をもたらす高分子材料

主催 高分子学会関東支部

日時 2019年11月12日(火) 10:00-17:10

会場 東大柏地区キャンパス

交通 電車・バス

柏の葉キャンパス駅(つくばエクスプレス)よりバス13分、徒歩25分

柏駅(JR常磐線、地下鉄千代田線)より30分(バス25分 徒歩5分)

江戸川台駅(東武アーバンパークライン)よりバス15分

*車での来場はお控えください。

見学会(東大柏IIキャンパス) 

10:00-11:00 ImPACT伊藤プログラムのコンセプトカー見学

展示解説(東京大学)眞弓 皓一

*当日の詳細は事前申し込み者に別途連絡予定です。

講演(東大柏キャンパス図書館1Fメディアホール)

https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam03_04_04_j.html

【注意】見学会を行う柏IIキャンパスと,講演会を行う柏キャンパスは異なるキャンパスです。

(1) 13:40-14:30 <座長:内藤 昌信(物質・材料研究機構)>

自動車用しなやかなタフポリマーの開発

(東京大学)伊藤 耕三

(2) 14:30-15:20 <座長:桑折 道済(千葉大学)>

分子組織化に立脚した新しい創薬

(筑波大学)長崎 幸夫

(3) 15:30-16:20 <座長:吉川 佳広(産業技術総合研究所)>

IoT時代の人間拡張を目指したフレキシブルデバイスとその製造技術

(産業技術総合研究所)牛島 洋史

(4) 16:20-17:10 <座長:高沖 和夫(住友化学)>

セルロースナノファイバー:その構造・特性と今後の課題

(東京大学)磯貝 明

技術交流 17:30~19:00  

参加要領

1)定員:130名

2)参加費:①会員・法人会員企業社員・学生 無料、②非会員 1,000円

3)懇親会費:①一般4,000円、②学生1,000円(当日支払い)

4)申込方法:氏名、勤務先、連絡先、種別(個人会員、法人会員、学生、非会員の別)、見学会出欠、技術交流会出欠を明記の上、件名を「合同講演会申し込み」とし、E-mailでお申込み下さい。

*当日申し込み可能ですので,ご希望の方は直接,講演会会場にお越しください。見学会参加希望の方は,事前連絡をお願いいたします。

連絡先・申し込み

千葉大学大学院工学研究院 桑折 道済

〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33

TEL: 043-290-3393、E-mail: kohri@faculty.chiba-u.jp

[11/9開催] 第59回茨城地区活動講演会

主題: 機能発現の起源に迫る
主催: 高分子学会関東支部
共催: 総合科学研究機構(CROSS)中性子科学センター、中性子産業利用推進協議会
日時: 11月9日(金) 13:30-17:00
会場: 東海村産業・情報プラザ「アイヴィル」
交通: アイヴィル ホームページをご覧下さい
参加申込:ホームページより申込
申込〆切:11月5日(J-PARC見学会参加希望者は10月31日まで)

プログラム
・J-PARC見学会 <10:00-12:00>(希望者のみ)
 ※1 10時にアイヴィル前から送迎バスが出発します。
 ※2 入構に際して写真付き身分証明書が必須となります。

・講演 <13:30-17:00>
1)J-PARC MLFと高分子研究
(高エネ研)金谷 利治
2)分子ネックレスのナノダイナミクスと高強度高分子材料への応用
(東大) 眞弓 皓一
3)電子顕微鏡による接着メカニズムに関する研究
(産総研)堀内 伸
4)水溶性高分子の分子特性 -水和を中心にして-
(農工大)四方 俊幸
・懇親会 <17:30-19:00>

参加要領
・定員:60名
・参加費:① 会員・法人会員社員・学生 無料、② 非会員 1000円
・懇親会費:① 一般1000円、② 学生500円(当日お支払い)

連絡先・お問い合わせ先
日本原子力研究開発機構J-PARCセンター 青木裕之
E-mail: ibaraki59@nano-imaging.org

第33回茨城地区「若手の会」交流会【11/1-2開催@つくばセミナーハウス】

<趣旨>本若手の会は茨城地区の高分子若手研究者の交流、活性化を目的として活動しております。交流会は毎年、産学官の研究機関より多数ご参加頂き、非常に活況を呈しております。33 回目を迎える今回も、招待講演の他、参加者全員による自己紹介、レクリエーション、独自の形式で運営される話題提供講演など、多くの企画を盛り込んで開催致します。もちろん県外からの参加や、気持ちも若々しいベテラン研究者の参加も大歓迎です。

主 催: 高分子学会関東支部 茨城地区「若手の会」
日 時:11 月 1 日(木)10:00 ~ 2 日(金)15:30
会 場 :つくばセミナーハウス(茨城県つくばみらい市絹の台 4-5-2 電 話 :0297-52-6611)
交 通 : ①つくばエクスプレス 守谷駅または JR 常磐線 取手駅で関東鉄道常総線に乗り換え、新守谷駅下車、徒歩 7 分 ②東京駅から高速バス「守谷・水海道・岩井行」で新守谷駅入口下車、徒歩 7 分 ③常磐自動車道 谷和原 IC より車で 3 分

プログラム
[招待講演]
1) セルロースエステル誘導体の高機能化 (NEC)田中修吉
―エコ+αの新価値として最高級の装飾性の実現―
2) 励起状態を制御する有機π共役分子化学と光電デバイスへの実展開 (理化学研究所)夫勇進
3) 有機超弾性の発見 (横浜市立大)高見澤聡

[話題提供講演]
1) 親水基導入によるペンタセンの会合制御と一重項分裂への展開 (住友化学)吉野圭祐
2) 液状ゴムのタイヤ用途への応用 (クラレ)上野慶和
3) フィトプロテオグリカン®の開発 (日油)原真佐夫
4) 有機高分子エアロゲル設計へのマルチスケールシミュレーション活用 (日立製作所)松本茂紀
5) 水溶性コーティング材料 (日立化成)小野英明
6) 波長変調・光スイッチを可能とする自己組織化マイクロ光共振器の開発(筑波大)岡田大地
7) 無水糖アルコールを原料とする含フッ素高分子の合成 (茨城大)小野寺勇稀
8) 磁性ナノプローブによる脳神経活動イメージング (産総研)岡田智
9) 精密重合を使ってできる(わかる)こと:合成と反応機構 (物材機構)中村泰之

[ポスターセッション]
数十件予定

参加要領 1) 定員 70 名 2) 参加費(当日受付)①社会人 13,000 円、②学生 3,000 円
3) 懇親会費(当日受付)①社会人 3,000 円、②学生 3,000 円 4) 申込方法 氏名、所属、連絡先(電話、E-mail)、ポスター発表の有無(有の場合、タイトル、発表者名、所属)を記入し、E-mail で下記宛お申込下さい 5) ポスター発表要旨 A4 用紙 1 枚 形式は申込時点でご連絡します E-mail で下記宛送付下さい 6) ポスター発表参加申込・要旨提出締切 9 月 14 日(金) 7) 一般参加申込締切 10 月 10 日(水)
申込・連絡先 〒300-3294 茨城県つくば市北原6番 住友化学株式会社 杉山貴之
Tel:029-864-4177 Fax:029-864-4747
E-mail:sugiyamat4@sc.sumitomo-chem.co.jp

第32回茨城地区「若手の会」交流会

<趣旨>本若手の会は茨城地区の高分子若手研究者の交流、活性化を目的として活動しております。交流会は毎年、産学官の研究機関より多数ご参加頂き、非常に活況を呈しております。32回目を迎える今回も、招待講演の他、参加者全員による自己紹介、レクリエーション、独自の形式で運営される話題提供講演など、多くの企画を盛り込んで開催致します。もちろん県外からの参加や、気持ちも若々しいベテラン研究者の参加も大歓迎です。

主 催 高分子学会関東支部 茨城地区「若手の会」

日 時 10月30日(月)10:00 ~ 31日(火)16:00

会 場 つくばセミナーハウス(茨城県つくばみらい市絹の台4-5-2 電話:0297-52-6611)

交 通 ①つくばエクスプレス 守谷駅またはJR常磐線 取手駅で関東鉄道常総線に乗り換え、新守谷駅下車、徒歩7分 ②東京駅から高速バス「守谷・水海道・岩井行」で新守谷駅入口下車、徒歩7分 ③常磐自動車道 谷和原ICより車で3分

プログラム

[招待講演]

1) 分子認識型核酸の獲得法                                                  (東大)吉本敬太郎

2) 濃厚Li電解質ポリマーの特異的な電気化学的挙動               (農工大)富永洋一

3) 脱XX色がモチベーションとなった液状π系分子材料の創出  (物材機構)中西尚志

 

[話題提供講演]

1) 高分子半導体を用いたトランジスタの開発                              (住友化学)岡地崇之

2) C4留分を原料とする化学品事業展開                                           (クラレ)荒谷一弘

3) 精密重合を用いた生体適合性ポリマーの開発                             (日油)今村龍太郎

4) 液晶性エポキシ樹脂のセラミックス界面での構造解析        (日立製作所)田中慎吾

5) 大粒径単分散ポリマー粒子の合成                                               (日立化成)安江健

6) 海外規格適合鉄道車両用電線の開発                                            (日立金属)三浦剛

7) π共役と主鎖らせんからなる刺激応答性ブロック共重合体の開発  (筑波大)林宏紀

8) オクタフルオロシクロペンテンをビルディングブロックとする含フッ素クラウンエーテルの合成                                                                               (茨城大)中嶋伸之輔

9) 光応答性分散剤の開発とその応用                                              (産総研)神德啓邦

10) Fluid or Elastic of Cellular Scaffolds for Regulation of Biological Functions

(物材機構)南皓輔

 

[ポスターセッション]

数十件予定

参加要領 1) 定員70名 2) 参加費(当日受付)①社会人13,000円、②学生3,000円 3) 懇親会費(当日受付)①社会人3,000円、②学生3,000円 4) 申込方法 氏名、所属、連絡先(電話、E-mail)、ポスター発表の有無(有の場合、タイトル、発表者名、所属)を記入し、E-mailで下記宛お申込下さい 5) ポスター発表要旨 A4用紙1枚 形式は申込時点でご連絡します E-mailで下記宛送付下さい 6) ポスター発表参加申込・要旨提出締切 9月15日(金) 7) 一般参加申込締切 10月10日(火)

申込・連絡先 〒305-0841 茨城県つくば市御幸が丘41 株式会社クラレ 有馬隆広

Tel:029-853-1604 Fax:029-853-1543 E-mail:Takahiro.Arima@kuraray.com