第1回神奈川地区講演会

第1回神奈川地区講演会 環境と高分子

日時:平成30年10月19日(金)
会場:神奈川大学 横浜キャンパス 11号館1F 12教室
(〒221-8686神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1)
http://www.kanagawa-u.ac.jp/aboutus/facilities/yokohama/
交通:東急東横線「白楽駅」下車徒歩13分、あるいは、横浜駅西口バスターミナル1番乗場から横浜市営バス36または82系統「神奈川大学入口」下車徒歩5分

講演会
12:50-13:10 第1回神奈川地区講演会開催にあたって
13:10-14:00
「二酸化炭素を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネート」
旭化成(株)化学・プロセス研究所  東條 正弘
14:00-14:50
「CO2を原材料に用いたヒドロキシポリウレタン樹脂の量産化と応用製品化」
大日精化工業(株)ファインポリマー事業部  木村 千也
14:50-15:10
休憩
15:10-16:00
「非食用バイオマスからのバイオベースプラスチック創生」
群馬大学大学院理工学府分子科学部門  橘 熊野
16:00-16:50
「塗料・塗装の環境対応」
塗料塗装技術研究所  奴間 伸茂

参加要領
1)定員:150名程度(先着順) 2)参加費:無料 3)申込方法:氏名、勤務先を記入し、e-mailにて申込み(講演会終了後、講師を囲む懇談の場を設けます。詳細はお問い合わせください。) 5)申込締切:10月12日(金)

申込・連絡先
神奈川大学理学部 木原伸浩(kihara@kanagawa-u.ac.jp)

 

第65回湘北地区懇話会(共催:第13回相模ケイ素・材料フォーラム)

第65回湘北地区懇話会
(共催:第13回相模ケイ素・材料フォーラム)

主 題=高分子合成の新展開
主 催 高分子学会関東支部
共 催 (公財)相模中央化学研究所
日 時 2018年6月29日(金)13:00-17:15
会 場 東工大すずかけ台キャンパス大学会館3Fすずかけホール
(横浜市緑区長津田町4259 H1/H2棟)
交 通 東京急行田園都市線 すずかけ台駅 下車徒歩5分
http://www.titech.ac.jp/maps/suzukakedai/index.html
[講演会]
(1) 13:00-14:00 金属触媒の分子内移動を利用した共役系高分子の合成
横澤 勉(神奈川大工)
(2) 14:00-15:00 希土類錯体触媒による極性−非極性オレフィンの共重合
侯 召民(理化学研究所)

15:15-16:15 ポスター発表 (大学会館3Fラウンジ)

(3) 16:15-17:15 原子移動ラジカル重合によるテレケリックポリアクリレートの工業化
中川佳樹(株式会社カネカ)

[懇親会]17:30–20:00
会 場 東工大すずかけ台キャンパス大学会館3Fラウンジ
*ポスター発表30件程度募集:ポスター発表を希望される参加者は6/4(月)までに、参加申し込みと合わせて発表タイトル、概要(200字程度まで)をE-mailにてお送り下さい。折り返し採用の可否をE-mailで連絡します(先着順)。6/11(月)までに予稿原稿(A4サイズ1〜2枚、書式自由、セキュリティーロック無しPDFファイル)を送付いただきます。ポスター発表のプログラムは6月上旬に相模中研ホームページ(URL: http://sagami-scri.jp)にて公開します。
参加要領
1) 定員200名程度
2) 講演会参加費 相模中研関係者および賛助会社員/高分子学会正会員/学生:無料、一般(但し所属企業が法人会員の場合は無料):3,000円(当日徴収)
3) 懇親会参加費 相模中研関係者および賛助会社員:無料、高分子学会正会員/学生:1,000円、一般(但し所属企業が法人会員の場合は1,000円):3,000円(当日徴収)
4) 申込方法 氏名、勤務先、連絡先、種別(相模中研/賛助会社/正会員番号/学生/一般)、懇親会出欠を明記の上、E-mailまたはFAXでお申し込み下さい。申込〆切:6月15日(金)(定員になり次第〆切)
5) 申込先・連絡先 公益財団法人相模中央化学研究所 高分子化学グループ 秋山映一
FAX: 0467-77-4113 E-mail: akiyama@sagami.or.jp
(当日連絡先:東京工業大学物質理工学院応用化学系 冨田育義 TEL: 045-924-5413)

湘北・湘南地区合同懇話会

〜第64回湘北地区懇話会・第52回湘南地区講演会〜

主 題=セルロースナノファイバーの最新技術
主 催 高分子学会関東支部
共 催 横浜国立大学
日 時 2017年11月24日(金)13:00-17:30
会 場 横浜国立大学 教育文化ホール 大集会室(横浜市保土ケ谷区常盤台79-1)
交 通 ①横浜駅西口からバス利用:横浜国立大学正門前バス停下車 徒歩3分、
または岡沢町バス停下車 徒歩5分(下記URLを参照)
http://www.ynu.ac.jp/access/bus.html
②横浜市営地下鉄利用:三ツ沢上町駅下車 徒歩20分(下記URLを参照)
http://www.ynu.ac.jp/access/index.html

(1)ナノセルロースの構造・機能と応用展開への課題
                  磯貝 明(東大院農)
(2)第一工業製薬におけるCNF研究のこれまでとこれから
                  後居 洋介(第一工業製薬)
(3)セルロースナノファイバー強化ゴム材料の特徴とスポーツシューズへの応用
                  長谷 朝博(兵庫県立工業技術センター)
(4)日本製紙CNFの実用化に向けた状況と今後の課題
                  河崎 雅行(日本製紙工業CNF研究所)

参加要領
1) 定員200名程度
2) 講演会参加費 高分子学会正会員/学生:無料、一般(但し所属企業が法人会員の場合は無料):3,000円(当日徴収)
3) 申込方法 氏名、勤務先、連絡先、種別(正会員番号/学生/一般)、E-mailでお申し込み下さい。申込〆切:11月17日(金)(定員になり次第〆切)
講演会終了後、講師を囲む懇親の場を設けます。参加申込み頂いた方に、折り返しご案内いたします。
4) 申込先・連絡先 秋山映一(相模中央化学研究所)E-mail: akiyama”at”sagami.or.jp
当日の連絡先:生方 俊(横国大院工) ubukata-takashi-wy”at”ynu.ac.jp
“at”を@で置き換えて下さい。

第63回湘北地区懇話会

主 題=ソフトマターを用いた生命分子システムの形成

主 催 高分子学会関東支部

共 催 神奈川大学理学部

日 時 2017年6月16日(金)13:00-17:00

会 場 神奈川大学湘南ひらつかキャンパス6号館301講義室

[I.講演会] 13:00­—16:00

(1) 機能性高分子ゲル微粒子・集合体を活用した動的秩序の人工構築

鈴木大介(信州大繊維)

(2) 時間発展する超分子集合体      杉安 和憲(物質・材料研究機構)

(3) 分子システムによる人工細胞の構築       菅原 正(神奈川大理)

[II.ポスター発表] 16:30—17:30 会 場 Sol(第2食堂) ポスター発表件数:20件(東海大長瀬研3・岡村研3、東工大冨田研3、神奈川大横澤研3・山口研2、横国大渡邉・獨古・上野研3、信州大鈴木研3)

懇親会 17:30—19:00  会 場 Sol(第2食堂)