【10/23-25開催】2019年度若手社員のための高分子基礎講座

趣旨>高分子関連の業務に携わる若手研究者の方々を対象とした「若手社員のための高分子基礎講座」を開催します。この基礎講座は、新入社員のみならず新たに高分子関連分野の業務を担当される方々にも広くご参加いただけるよう企画いたしました。

「高分子とはどのような物性を持ち、どのように合成するのか」から始まり、その機能、用途、製造法、成形法、評価、製品開発の基礎的なポイントを解き明かしていく構成で、学生時代に高分子を専攻されなかった方々にもご理解いただける内容となっております。さらに、個々のトピックスとして、ゴム、自動車、膜分離、成型加工、環境などの分野における高分子開発の最新動向なども盛り込まれております。高分子研究、開発の第一線でご活躍の先生方をお迎えし、合宿形式で過ごす3日間は、講師の先生はもとより、他業種の参加者の方々とも交流・人脈形成をはかっていただく大変貴重な機会となります。2日目には、講師の先生と少人数でディスカッションを行う場も設けています。講義内容の更なる理解のみならず、日頃感じている様々な疑問の解決の手助けとなるでしょう。短期間で成果の期待できる本講座に奮ってご参加ください。

主 催 高分子学会関東支部
日 時 10月23日(水)12:30~25日(金)12:30
会 場 横浜ゴム湘南セミナーハウス(平塚市袖ヶ浜19-15 電話:0463-24-7611)
交 通 JR東海道線平塚駅南口下車、徒歩約20分、タクシー約5分

●●●お申し込みは、コチラから●●●

プログラム

第1日=10月23日(水)

< 12:30~14:20 >

オリエンテーション/自己紹介

< 14:30~15:50 >

1)高分子材料とは                                                                      (東京大学)伊藤 耕三

< 16:00~17:20 >

2)高分子合成の基礎1―連鎖重合を中心に            (東京工業大学)石曽根 隆

< 17:30~18:50 >

3)高分子の構造物性―特に熱的・磁気的特性を中心に     (首都大学東京)山登 正文

< 19:00~21:00 >

講師と参加者の交流会

第2日=10月24日(木)

< 8:00~9:20 >

4)高分子合成の基礎2―逐次重合を中心に            (神奈川大学)亀山  敦

< 9:30~10:50 >

5)高分子のレオロジーからナノファイバーまで         (東京工業大学)松本 英俊

< 11:00~12:20 >

6)ゴムの基礎から自動車用ゴムまで            (長岡技術科学大学)河原 成元

< 13:00~15:00 >

7)グループディスカッション

< 15:10~16:20 >

8)自動車の軽量化・樹脂化の現状と将来展望             (大庭塾)大庭 敏之

< 16:40~17:50 >

9)反応性高分子による高分子製品の高性能・高機能化         (住化カラー)眞田 隆

< 18:40~19:50 >

10)成形加工における構造形成の基礎                      (東京工業大学)鞠谷 雄士

第3日=10月25日(金)

< 8:00~9:10>

11)Polymer*(Biology+Life Science+Medical+Medicine)=now and then,future
(日本医療研究開発機構)安田 知一

< 9:20~10:30>

12)新しい応答機能をもつ刺激応答高分子をつくる        (東京工業大学)高田 十志和

<10:40~11:50>

13)21世紀の社会環境が求めるもの: GSC、機能性にポリマー科学はどう対応すべきか?
(三菱ケミカル)清水 史彦

参加要領

1)定員 35名(先着順)合宿形式(個室)
2)参加費(税込) 55,000円(聴講費、教材費、宿泊・食費を含む)
3)申込方法 下記URLよりでお申し込みください。受け付けましたら、折り返しE-mailで返信します。

◆こちらのURLより、お申し込み手続きをお願いいたします。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=122

受付後、9月末に請求書をお送りしますので、お支払いは銀行振込でお願いいたします(振込先は、請求書ご送付の際、お知らせいたします)

4)申込締切 9月3日(火)〔ただし定員になり次第締切〕

5)参加者は自己紹介で使うPower Pointのファイル(3枚以内)を10月9日(水)までに高分子学会事務局(E-mail:kantoshibu@spsj.or.jp)にお送りください。

申込先 [104-0042] 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル 高分子学会関東支部 2019年度若手社員のための高分子基礎講座係 電話:03-5540-3773、E-mail:kantoshibu@spsj.or.jp

【9/6(金)開催】19-2高分子入門講座 

19-2高分子入門講座

主題=高分子を知らない技術者のための講座(その2)

お申し込みは、こちらをクリックし、必要項目をご入力ください。

<主旨>関東支部では高分子の知識を会得するために、高分子基礎講座、高分子アドバンスト講座、分析セミナー等の企画を実施していますが、昨今、大学での高分子関連の講義は減少傾向にあり、高分子に関わる知識が必ずしも十分でないことが懸念されております。また、そもそも化学を主としていない、機械系や電気系、金属系等を専攻している人たちが技術者として部品設計、材料選定や成形加工、生産現場等で高分子に初めて触れて、高分子の知識が不足していると痛感する場面も多いかと思います。さらには、品質管理や営業・企画の現場でも、高分子の知識が有ると無いとでは、お互いの理解度が大きく変わってきます。そこで、このような方々を対象とし、基礎講座やアドバンスト講座よりももっとわかりやすい、入門講座を開催することとしました。この入門講座は化学をベースとしているが高分子が専門でない方々、金属や機械など異分野をベースとしており、高分子の知識をあげたい方々、物理をベースとしている方々に対し、年3回の入門講座を行うこととしております。初回は化学を学んだ方々への高分子入門講座を企画しました。講師の先生方もわかりやすい講義を準備しておりますので、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

主催 高分子学会関東支部
日時 2019年9月6日(金)
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館N棟1階大会議室
交通 JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩約20 分もしくは
東京メトロ副都心線 西早稲田駅から徒歩1 分
(〒169-8555 東京都新宿区大久保3丁目3−4−1)
下記ホームページを参照してください。

西早稲田キャンパス

プログラム <10:00~17:10>
<10:00~12:00>
1.高分子って(高分子全般について)     (東京工業大学)   高田 十志和

<13:00~14:45>
2.熱と高分子                                        (東京工業大学)    宝田 亘

<15:00~16:45>
3.高分子の分析(ゴム・ゲルなどの架橋高分子)  (東京大学)  眞弓 皓一

<16:50~17:10>
アンケート、関東支部主催の講座の案内

参加要領 1)定員 70名程度 2)参加費 会員(法人会員、協賛学会会員含む):5,000円 学生会員:3,000円 会員外:8,000円(当日徴収) ※協賛学会に所属する会員の方は高分子学会会員と同一料金といたします。3)申込方法 関東支部のホームページより、氏名、所属、連絡先(E-mail)、会員番号、協賛学会会員の場合には学会名と会員番号を明記してお申し込みください。事前の参加申し込みは8月23日(金)です。

こちらのリンクより、お申し込みページへお進みください。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=115

連絡先 〒104-0042東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル
公益社団法人 高分子学会 関東支部 WEBサイト : http://spsj.or.jp/branch/kanto/
TEL 03-5540-3773、FAX 03-5540-3737、Email kantoshibu@spsj.or.jp

 

高分子アウトリーチ活動支援(下期) 募集開始のご案内

高分子アウトリーチ活動支援(下期)

<主旨>高分子学会関東支部では、大学や研究所等で開催される、小中高生や一般の方等を対象とした高分子に関わる体験や実験教室等の「高分子アウトリーチ活動」を共催し、補助金を交付することといたしました。支援を希望される大学等は、下記募集要項にしたがってお申し込みください。なお、申請者は高分子学会員(法人会員を含む)に限ります。

募集要領

  1. 実施時期:2019年10月〜2020年3月
  2. 採択件数: 5件以内
  3. 補助金額: 上限5万円/1課題(行事開催に伴う会場費、消耗品代、学生アルバイト代などの用途)
    • 複数課題を同時に開講する行事は、1課題ごとに申請が可能です。ただし、申請課題は高分子に関連する実験を付随するものに限ります。詳細は下記連絡先にお問い合わせください。
  4. 申込〆切: 2019年8月31日
  5. 申込方法: 関東支部のホームページよりをダウンロードし、必要事項を記入後、下記申込先にe-mailでお申し込みください。〒104−0042東京都中央区入船3-10-9新富町ビルTEL: 03-5540-3773, FAX: 03-5540-3737, E-mail: kantoshibu@spsj.or.jp

連絡先/申込先
〒104−0042東京都中央区入船3-10-9新富町ビル
公益社団法人 高分子学会 関東支部 WEBサイト: https://spsj.or.jp/branch/kanto/
TEL: 03-5540-3773, FAX: 03-5540-3737, E-mail: kantoshibu@spsj.or.jp

こちらからも申請書のダウンロードが可能です。
→→→高分子アウトリーチ活動申請書←←←

【9/6(金)開催】19-1産学イブニングセミナー

<趣旨>未来の材料開発を支える若手・ 中堅研究者・技術者に向けた少数参加型企画<プレミアム・イブニング>を開催します。日頃から抱えている疑問や課題に、 トップランナーの先生からアドバイスが欲しい!先端材料の開発秘話を聞きたい!企業間の垣根を超えて、ネットワークを作りたい!など参加者が主役のセミナーで す。産官学は問いません。 奮ってご参加ください。

お申し込みはこちらをクリックしてください。

主 催 高分子学会関東支部
会 期 9月6日(金)
会 場 高分子学会事務局会議室 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
交 通 地下鉄有楽町線「新富町」下車7番出口から徒歩7分、
地下鉄日比谷線 「築地」下車3番・4番出口から徒歩5分
プログラム

<17:00 ~18:30>
講演自然が教えてくれた高分子材料設計 (東京工業大学)渡辺順次
1830 1930> 自由討論(軽食込)

参加要領 1)定員15名 2)参加費/税込7,000円(講演資料・軽食込) 3)申込方法  下記URLよりお申し込みください。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=116
参加者から事前に質問を受け付け、講師にお伝えいたします。また、質問への回答は講演に含めていただきます。
・参加者全員が質疑・討論に参加していただきます。
・講師と参加者の交流が活発になるよ う、コーディネータがつきます。
(筑波大 長崎幸夫、NIMS 内藤昌信、他)

お申し込みは、下記URLからお願いいたします。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=116

連絡先 物質・材料研究機構 内藤昌信E-mail: NAITO.Masanobu@nims.go.jp

3/20(水)開催 Future Trend in Polymer Science 2018

<趣旨>「Future Trend in Polymer Science(FTiPS)」は高分子科学・高分子工業のこれからを探る新しい体験型ワークショップです。第一回のテーマとしてAIを取り上げ、高分子科学分野におけるAI活用の可能性と今後のトレンドを概観します。AIの基本から、様々なフィールドでのAIの活用、研究の事例の講演だけでなく、ポスターブースの展示も併催し、AIに興味のある高分子科学研究者の情報交換の場を提供します。奮ってご参加ください。
主催 高分子学会関東支部
開催日:2019年3月20日(水)10:00~17:30
場所:東京理科大学 神楽坂キャンパス1号館17階、記念講堂・大会議室
(〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3) (URL)
交通:JR総武線、東京メトロ有楽町線、東西線、南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車、徒歩3分発表申込は、こちらをクリックしてお申し込みください。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=70(事前受付は終了いたしました。)
1.講演の部
<10:00-11:00>
高機能材料の研究・開発・製造をデータ活用により支援する
(金子 弘昌、明治大学 理工学部応用化学科)
<11:00-12:00>
ソフトウエアとしてのOCTAとインフォマティクス研究の融合
(森田 裕史、産総研 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター)
<12:00-13:00> 昼食休憩  軽食を用意します(ただし数に限りがあります)
<13:00-14:00>
AIと科学者の協創による磁性材料開発
(岩崎 悠真、日本電気 システムプラットフォーム研究所)
<14:00-15:00>
データサイエンス全般から化学の話題まで
(金谷 重彦、奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科情報科学領域)
<15:00-16:00>
オープンサイエンスとデータ駆動型高分子設計
(内藤 昌信、NIMS 統合型材料開発・情報基盤部門)2.ポスターの部
<16:00-17:30>
大学、会社から広くAIMIについての事例、研究計画などを発表討論する場として、ポスターブースを設けます。まだ始めたばかり、成果が出てないなども含め、アイディアを互いに紹介し、議論できる場を提供します。また、講師の先生のブースを設置しますので、講演では十分聞けなかった点などを、じっくりと訊き、ディスカッションすることができます。

ソフトマターの非線形粘弾性から感触を表すオノマトペ表現へのAI変換
津留崎 恭一・武田 理香(神奈川県立産業技術総合研究所 化学技術部)

データ同化型分子動力学計算による構造解析
重田 育照・原田 隆平(筑波大計セ)

ナノ材料形成のための機械学習
Packwood Daniel(京都大学・物質ー細胞統合システム拠点)

耐熱性と自己修復性を両立した多孔性結晶
山岸 洋(筑波大数理物質)・相田 卓三(東大院工)

機械学習を用いた集団増殖における環境因子の貢献度分析
イン ベイウェン・芦野 一葉(筑波大・生命環境)・菅野 健太(筑波大・情報シス)・
天笠 俊之(筑波大・計算セ)

多成分連結反応を活用したポリマープールの創製と機械学習による材料特性制御の試み
大道 正明(量研高崎)・覚知 亮平(群大理工)・瀬古 典明(量研高崎)

データ駆動型科学による高機能フェノール樹脂の開発
今田 知之(DIC()

液晶性と発光性を合わせもつ二置換ポリアセチレンの合成と伝導電子に由来する電磁気的性質の評価
駒場  京花(筑波大理工)・大瀧 雅士・後藤 博正(筑波大院数理物質)

液晶電解液の作成
宮下 椋・駒場 京花(筑波大理工)・後藤 博正(筑波大院数理物質)

モデル分子を用いた中分子薬物の多糖複合フィルムの透過性評価
家高 佑輔(東理大工)・佐藤 稜(東理大院総化)・飯島 一智・
橋詰 峰雄(東理大工,東理大院総化)

生分解性温度応答性高分子の設計指針
蛭田 勇樹・岩田 匡平・神谷 有美・チッテリオ ダニエル(慶大理工)

進化分子工学による低分子認識ポリペプチドの開発
寺井 琢也・安斎 宏紀・山田 陸・根本 直人(埼大院理工)

ベイズ最適化を活用した耐熱性ポリマーの効率的設計
南 拓也(昭和電工、ADMAT)・川田 正晃(産総研)・藤田 俊雄(昭和電工、ADMAT)・
室伏 克己・内田 博・大森 和弘・奥野 好成(昭和電工)

粗視化分子動力学法を用いた固体高電解質膜のアモルファス領域の構造解析
奥島 駿・前川 康成(QST)・川勝 年洋(東北大理)

ポリチオフェンを用いた蛍光ケモセンサアレイの構築
佐々木 由比・南 豪(東大生研)

機械学習を用いた粗視化分子シミュレーションによる界面活性剤の物性および分子構造の予測
井口 拓弥(近大院理工)・李 娜(トヨタ自動車株式会社)・諸星 圭(旭化成株式会社)・
荒井 規允(近大理工)

SHG測定による高分子表面の摩擦電気パターンの可視化
田口 大・間中 孝彰・岩本 光正(東工大)

Surface Enhanced Raman Spectroscopy for Understanding the Interaction between RNA and Arginine-rich Peptides
陳 辰(東工大物質理工)

高分子層上への分子認識界面の展開と粒子計測、AI技術を組み合わせた新規なウイルス診断の開拓
堀口 諭吉・合田 達郎・松元 亮・武内 寛明・山岡 昇司・宮原 裕二(医科歯科大)

動的ネットワークにおけるノードおよびテキストの分散表現学習
伊藤 寛祥・天笠 俊之・北川 博之(筑波大)

マテリアルズ・インフォマティクスを用いた高分子複合材料の弾性率の予測モデル構築
余米 希晶・奥山 倫弘・池田 祐子・中澤 幸仁・押山 智寛(コニカミノルタ株式会社)・
船津 公人(東大)・萩田 克美(防衛大)・藤原 進(京都工繊大)

AIを用いた自己組織化マイクロ光共振器の合理的設計と Whispering Gallery Mode発光〓光共振器形状間の情報追跡
大木 理・岡田 大地・山本 洋平(筑波大院数理)

機械学習による放射線グラフト電解質膜のプロトン導電率予測
澤田 真一(量子科学技術研究開発機構)・田中 健一・船津 公人(東大院工)・
前川 康成(量子科学技術研究開発機構)

環動ゲルの一軸伸長シミュレーション
保田 侑亮・眞弓 晧一(東大院新領域)・戸田 昌利(産総研)・
横山 英明(東大院新領域)・森田 裕史(産総研)・伊藤 耕三(東大院新領域)

薬剤送達システムへの応用を指向したホストゲスト相互作用による高分子-環状薬剤複合体の構築
立原義宏・中川泰宏・安楽泰孝・カブラルオラシオ(東大院工)

配向型圧電ゴムにおける数値計算シミュレーションによる粒子配向の検討
太田達哉、間々田祥吾(公益財団法人鉄道総合技術研究所)

Click ChemistryAIを組み合わせた酵素標的型阻害薬の効率的スクリーニング法の開発
東條敏史(東理大理工)・近藤剛史・湯浅真(東理大理工・東理大総研)

<研究発表募集要項>※受付は終了いたしました。

研究発表申込締切 平成31年3月6日(水)
要旨原稿締切 平成31年3月6日(水)/原稿枚数:A4判1枚程度

申込方法 下記よりお申し込みください。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=70


※申込完了時に受理通知が届きます。届かない場合は下記問合先まで電話にてお問い合せください。
参加者は全員参加登録制です。
下記URLより参加登録をお願いいたします。
https://member.spsj.or.jp/event/index.php?id=71

参加費 
企業・大学・官公庁(会員・法人会員) 8,000円※当日登録10,000円
非会員:18,000円※当日登録20,000円
学生:2,000円
※要旨集の代金を含みます。要旨集はPDFファイルとして配付し、印刷物は用意しません。

※発表者のうち、ポスター担当者(1名)は参加費無料とします。

関東支部主催の「若手基礎講座」「アドバンスト講座」「イブニングセミナー」に、
今年度参加された方は、半額とします。

問合先
〒104-0042東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル
公益社団法人 高分子学会 関東支部
TEL 03-5540-3773、FAX 03-5540-3737

原稿送付先:神奈川大学 木原伸浩
E-Mail:kihara@kanagawa-u.ac.jp
提出締切:平成31年3月6日(水)

 

第36回高分子学会千葉地域活動若手セミナー

  主催 高分子学会関東支部千葉地域活動若手会                                  会期 平成31年3月11日(火)9:30-17:25                 会場 東京理科大学理工学部野田キャンパス講義棟K101教室,K104教室                    交通 東武アーバンパークライン「運河」駅下車,徒歩5分

  プログラム                                                                                                                        ・ポスター発表ならびに企業の会社・製品紹介  [9:30 – 13:00]                                ・講演 [14:30 〜 17:25]                                                                                                      (1) ナノ触診原子間力顕微鏡を用いたブタジエンゴム・樹脂複合体の研究                    (宇部興産株式会社)髙橋 佑季 先生                       (2) ナノカーレース:柔らかい分子の単分子構造・運動制御への挑戦                                  (物質・材料研究機構)中西 和嘉 先生                                                  (3) イオン交換樹脂による微量成分除去技術                                                               (オルガノ株式会社)中村 慎司 先生                                                                  (4) アセチレン架橋を有する強蛍光性ヘテロアリールオリゴマーの合成と物性     (千葉工業大学)島崎 俊明 先生  

  懇親会 17:30 ~ 19:00 カナル会館 レストラン カナル2階                                      参加要領  申込方法 氏名、所属、職位/学年、連絡先(E-mail)、懇親会出席の有                         無、ポスター発表の有無を明記し、事前にE-mailにてお申し込みくださ                         い。席に余裕がありましたら当日登録もお受けします。                                  参加費:一般=3,000円(当日徴収),学生=無料                                                         懇親会費:一般=4,000円,学生=1,000円(当日徴収)                             連絡先 東京理科大学 理工学部 先端化学科                                                                     古谷 昌大                                                                                                              TEL: 04-7124-1501(内線:3644)                                                                         E-mail: furutani@rs.tus.ac.jp

【1/25(金)開催】18-3産学イブニングセミナー

<趣旨>未来の材料開発を支える若手・ 中堅研究者・技術者に向けた少数参加型企画<プレミアム・イブニング>を開催します。日頃から抱えている疑問や課題に、 トップランナーの先生からアドバイスが欲しい!先端材料の開発秘話を聞きたい!企業間の垣根を超えて、ネットワークを作りたい!など参加者が主役のセミナーで す。産官学は問いません。 奮ってご参加ください。

主 催 高分子学会関東支部
会 期 125日(金)
会 場 高分子学会事務局会議室 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
交 通 地下鉄有楽町線「新富町」下車7番出口から徒歩7分、
地下鉄日比谷線 「築地」下
3番・4番出口から徒歩5
プログラム
1700 1830
講演
フォトニクスポリマーの基礎と
IoT社会への展開 (慶応大)小池康博

1830 1930> 自由討論(軽食込)

参加要領 1)定員15名 2)参加費7,000円(講演資料・軽食込) 3)申込方法  氏名・所属・連絡先を明記し、E-mailで下記の連絡先までお申し込みください。
参加者から事前に質問を受け付け、講師にお伝えいたします。また、質問への回答は講演に含めていただきます。
・参加者全員が質疑・討論に参加していただきます。
・講師と参加者の交流が活発になるよ う、コーディネータがつきます。
(筑波大 長崎幸夫、
NIMS 内藤昌信、他)
申込先 
高分子学会関東支部E-mail: kantoshibu@spsj.or.jp
連絡先 物質・材料研究機構 内藤昌信E-mail: NAITO.Masanobu@nims.go.jp

 

第95回千葉地域活動高分子研究交流講演会【11月13日(火) 千葉工業大学 津田沼キャンパス】

主催 高分子学会関東支部
会期 平成30年11月13日(火)14:00-17:20
会場 千葉工業大学津田沼キャンパス4号館3階435教室
交通 津田沼駅 駅前(南口)徒歩1分

プログラム
 講演 (1)  14:00 – 15:00 <座長:阿部 悟(日本曹達)>
    総植物由来原料を用いた天然繊維強化エンプラ系バイオマス複合材料の開発
    (工学院大学) 西谷 要介先生
    (2)15:10 – 16:10 <座長:高沖 和夫(住友化学)>
    AIで触媒反応の収率を予測 ~触媒の発見と産学連携と触媒研究の未来~
    (産総研) 佐藤 一彦先生
    (3) 16:20 – 17:20 <座長:吉田 伸(東レ・ダウコーニング)>
    有機ケイ素化合物を用いるクロスカップリング反応の発見と改良                                   :π電子共役 化合物の新合成法
    (中央大学) 檜山 爲次郎先生
 懇親会 17:30 ~ 19:20 2号館20階ラウンジ
 参加要領 講演聴講・懇親会ともに当日受付となります。
  参加費:高分子学会会員(所属企業が法人会員の場合も含む)・学生=無料
      会員外=1,000円(当日徴収)
  懇親会費:一般=4,000円,学生=1,000円(当日徴収)
 連絡先 千葉工業大学 工学部 応用化学科
    島崎俊明
    TEL&FAX: 047-478-0420
    E-mail: shimasaki.toshiaki@it-chiba.ac.jp

1st G’L’owing Polymer Symposium in KANTO

1st G’L’owing Polymer Symposium in KANTO

<趣旨> ポリマーをグローバルに語り尽くす新企画〈1st Glowing Polymer Symposium in KANTO〉を開催します。本シンポジウム中のすべての企画が英語で行われます。
研究発表だけでなく、企業のR&D担当者と直接会える企業R&Dブースや、高分子の基礎講座を英語で聴講するチャンスもあります。国内外の留学生、博士研究員、アカデミック、産業界、どなたもウェルカムです。グローバルなポリマーワールドが皆さんを待っています。奮ってご参加ください。

主 催  高分子学会関東支部
後 援 早稲田大学
会 期 12月15日(土)
会 場 早稲田大学西早稲田(理工)キャンパス63号館2F 03-05室、62W号館1F大会議室
(東京都新宿区大久保3-4-1)
交 通  東京メトロ副都心線 西早稲田駅下車 出口3直結、
JR山手線 新大久保駅から徒歩12分、
JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩15分
発表募集・テーマ・分野
高分子全般(高分子関連であれば、分野は問わず)

一般講演(英語・口頭発表15分・質疑応答込)
発表形式・発表時間
すべての講演は、英語での口頭発表(質疑込み15分)を予定していますが、応募者多数の際には、ポスター発表に変更していただく場合がございます。

プログラム等、詳細は下記URLをご参照ください。
https://sites.google.com/nano-imaging.org/gpsk2018/home

研究発表申込先
https://sites.google.com/nano-imaging.org/gpsk2018/registration

研究発表申込期間(締切): 9月30日(日)

予稿原稿登録先
https://sites.google.com/nano-imaging.org/gpsk2018/abstract-submission
予稿原稿形式および締切: 11月30日(金)

参加登録・参加費
一般 5,000円(技術交流会代を含む) 学生 2,000円(技術交流会代を含む)

企業R&Dブース:12,000円(技術交流会に1名ご招待、追加1名につき2000円)
講演会を聴講される場合は、参加費(一般)が別途必要です。

連絡先 E-mail: kantoshibu@spsj.or.jp

その他
一般口頭発表の中からBest presentation awardを互選により選出し、顕彰いたします。詳細につきましては、高分子学会関東支部HPをご覧ください。