【3/2オンライン開催】第38回高分子学会千葉地域活動若手セミナー

主催 高分子学会関東支部 千葉地域活動若手会

日時 令和3年3月2日(火) 10:00〜17:00

会場 オンライン開催(2月22日以降に接続方法を各申込者にメールで連絡します)

配信は「Zoom」にて行います

 

プログラム

10:0012:00

1. 招待講演

挨拶 (千葉大学)塚田 学

1) Black box最適化による材料探索

(理化学研究所)隅田 真人

2) 酸化分解性高分子材料ー化学的安定性と高分解性の両立ー

(神奈川大学)木原 伸浩

13:0017:00

2. Zoomブレイクアウトセッションを利用した学生間研究ディスカッション

(少人数のグループに分かれた後、各自7〜10分程度の口頭発表を行い、グループ内でディスカッションを行う形式を予定しています。)

参加要領 1)定員100名 2)参加費 無料 3)申込方法 氏名、所属、職位/学年、連絡先(E-mail)、発表の有無を明記し、事前にE-mailにてお申し込みください。オンライン開催の詳細は、2月22日以降に各申込者にメールで連絡します。

事前受付締切:2021年2月8日(月)

当日の参加受付はありません

本行事は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンラインにてWEB行事として行うこととなりました。会場での講演はありません。後日、本会から事前テスト日のご案内、当日の接続方法のご案内等をE-mailにてお送りいたしますので、当日の操作が不安な方は事前テストを行っていただきますようお願いいたします

視聴条件:Zoomにて配信いたします。

推奨環境、PCの設定などは、参加者ご自身にてご確認いただきますようお願いいたします。操作方法をお問い合わせいただいてもお答えすることができませんので予めご了承ください。事前にご所属の団体で使用が許可されているかなど、ご確認ください。

Zoom:https://zoom.us

Zoomヘルプセンター:https://support.zoom.us/hc/ja

その他:演題・講演者、プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。再放送、録画放送はございません。

 

連絡先・申し込み先

千葉大学大学院工学研究院 塚田 学

〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33

TEL: 043-290-3211、E-mail: tsukada@chiba-u.jp

【12/11開催】高分子のためのキャラクタリゼーションセミナー 2020

高分子のためのキャラクタリゼーションセミナー

主題=基礎から成形加工試作・材料評価・故障解析まで。

<趣旨>高分子は、生活用品やヘルスケアからエレクトロニクスまで非常に幅広く使用される材料です。一方で高分子に関する機器分析装置の進歩にともない、研究者や技術者の測定原理に対する知識や解析力が低下している現状があります。

本セミナーでは、研究者や技術者の機器分析や試作評価の知識や解析力のスキルアップを図る目的で、基礎から応用までの幅広い実学体得の場として2017年から毎年開催しており、今回が第4回の開催となります。今年度は参加者の新型コロナウイルスへの感染防止対策も考え、オンライン形式(Webex使用)での開催といたします。

著名な講師陣による基礎講座と機器や受託解析企業による技術プレゼンにより、基礎の学習機会とアプリケーションとしての実用情報までの学習機会を提供します。 

主 催 高分子学会関東支部

日 時 2020年12月11日(金)9:30-16:40

会 場 オンライン開催

申し込み     https://peatix.com/event/1656529/

(パスワードはspsjを入力してください)

プログラム

1211日(金)

【メイン会場】

 9:30 ~  9:35 開催の挨拶 (東京大学)伊藤 耕三
 9:35 ~ 10:35 高分子の分子特性解析の過去・現在・未来 (大阪大学) 佐藤 尚弘
10:35 ~ 11:20 分子構造の解析〜高分子構造解析のポイント (東京工業大学) 石曽根 隆
11:20 ~ 11:55

(各社10分)

粘弾性測定装置による機械特性評価

(アントンパール・ジャパン)篠崎 有一

 

 

高分子-分散粒子界面の相互作用解析およびナノ構造解析

(アントンパール・ジャパン)高木 則一

 

 

合成高分子にも生体高分子にも使われる質量分析

(ブルカージャパン) 工藤 寿治

 

 

休憩
13:00 ~ 13:45 高分子の高次構造解析 (東京都立大学) 山登 正文
13:45 ~ 14:35

(各社10分)

FT-IR イメージングシステムと活用事例の紹介 ~異物からマイクロプラ

スチックまで~              (ブルカージャパン) 星 純一

 

 

高分子研究におけるAFM 技術の多様性と可能性

 (ブルカージャパン) 横川 雅俊

 

 

ここまでできるようになった高分子材料のX線構造解析

(リガク) 尾本 和樹

 

 

熱分析装置(温度変調 DSC&TMA,UV 照射,湿度,高温高圧 TGA など)の最新技術の紹介

(ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン) 大塚 康城

 

 

 

休憩
14:45 ~ 15:30

物理特性・化学特性の評価

 

(東京工業大学) 安藤 慎治・石毛 亮平
15:30 ~ 16:10 環境に配慮した高分子材料分析システム (日本ウォーターズ) 國井 麻衣
(各社10分) 高分子の極初期の酸化劣化検出について (東北電子産業) 佐藤 哲
光散乱法を用いたナノ粒子及び高分子評価の最新トピックス

(大塚電子) 中道 栄明

16:10 ~ 16:15 閉会の挨拶

(東京大学)伊藤 耕三

 

  【展示ホール】

11:15 ~ 12:15 Room A アントンパール・ジャパン
  Room D ブルカージャパン
     
13:40 ~ 14:40 Room A アントンパール・ジャパン
  Room B リガク
  Room C ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン
  Room D ブルカージャパン
   
15:25 ~ 16:25 Room A 日本ウォーターズ
  Room B 東北電子産業
  Room C 大塚電子
  Room D ブルカージャパン

 

   

【展示企業一覧】

大塚電子株式会社

アントンパール・ジャパン株式会社

東北電子産業株式会社

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

日本ウォーターズパン株式会社

ブルカージャパン株式会社

株式会社リガク

 

【11/28(土)開催】3rd GLowing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2020)

 

<趣旨> ポリマーをグローバルに語り尽くす〈3rd G’L’owing Polymer Symposium in KANTO〉を開催します(https://sites.google.com/view/gps-k2020/)。本シンポジウム中のすべての企画が英語で行われます。研究発表だけでなく、基調講演、最先端研究者や若手新進気鋭の研究者による招待講演を行います。また、企業研究者による企業R&Dを紹介するブースや企業R&D紹介プレゼンで企業がどのように研究開発を進めているかという最先端を知ることができます。国内外の留学生や外国人博士研究員だけでなく、まさに世界で活躍する日本人研究者へのスタートとして、日本人の学生、博士研究員やスタッフの方々の発表を期待しております。アカデミック、企業研究者、産学官どなたもウェルカムです。今回、すべての口頭発表を対象として、優秀発表者に対してPresentation Awardの表彰を行います。グローバルなポリマーワールドが皆さんを待っています。ぜひ奮ってご参加ください。

 

主 催   高分子学会関東支部

共 催   高分子学会関東支部関東地区若手研究会

会 期   11月28日(土)

会 場   Webシステムを用いたオンライン講演会として実施します

プログラム

基調講演

高原淳(九大)

 

招待講演

桑折道済(千葉大)

酒井崇匡(東大)

宮武健治(山梨大)

道信剛志(東工大)

藤田正博(上智大)

櫻井和朗(北九州市大)

 

若手招待講演

片島拓弥 (東大)

武元宏泰 (東工大)

玉手亮多(物質・材料研究機構)

蛭田勇樹(慶應大)

南豪 (東大)

企業R&Dブース

参加要領

1)すべての講演は、英語での口頭発表(Short presentation: 質疑込み7分, regular presentation: 質疑込み15分)を予定しています。一般口頭発表の中からBest presentation awardを互選により選出し、顕彰いたします。

2)参加費(税込) 一般 6,000円 学生 3,000円

3)R&D出展料 18,000円 講演会を聴講される場合は、参加費(一般)が必要です。

4)申込方法 下記URLよりお申し込みください。

https://sites.google.com/view/gps-k2020/home/
(発表申込締切 10月30日(金)、参加登録締切 11月24日(火))

5)予稿集締切 11月6日(金)

 

連絡先   早稲田大学 小柳津研一

E-mail: Kantoshibu@spsj.or.jp

URL:https://spsj.or.jp/branch/kanto/

【10/9開催】第98回千葉地域活動高分子研究交流講演会 オンライン開催

 

事前申し込みをいただきました皆様へ
10/2付けで、ご登録いただきましたE-mailアドレス宛に、講演会の接続に関するメールを配信しました。

メールが届いていない方がおりましたら、下記連絡先にご連絡ください。

主催:高分子学会関東支部
日時:令和2年10月9日(金) 14:00-17:20
会場:オンライン開催
配信は「Webex Meetings」にて行います

講演
14:00-15:00 <座長:高沖 和夫(住友化学)>
ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー「SUSYMTM(サシム)」
会田 昭二郎(ブリヂストン)

15:10-16:10 <座長:吉田 伸(ダウ・東レ)>
マイクロプラスチックの環境問題と今後の動向
亀田 豊(千葉工業大学)

16:20-17:20 <座長:棚瀬 省二朗(出光興産)>
動的な架橋を有するイオン性エラストマー~自己修復と気体可塑性を中心に~
三輪 洋平(岐阜大学)

参加要領:講演聴講は事前受付・支払いとなります。氏名、所属、e-mailアドレス、会員区分(参加費)を明記の上、下記申込先にメールでお申し込みください。支払い先の情報は、お申し込み後に別途連絡します。オンライン開催の詳細は、10月1日以降に各申込者にメールで連絡します。
参加費: ①会員・法人会員企業社員・学生:無料、②非会員:1,000円
事前受付の〆切:9月30日
※参加申し込みは終了しました、当日の参加受付はありません

視聴条件:Cisco Webex Meetingsにて配信いたします。
推奨環境、PCの設定などは、参加者ご自身にてご確認いただきますようお願いいたします。操作方法をお問い合わせいただいてもお答えすることができませんので予めご了承ください。事前にご所属の団体で使用が許可されているかなど、ご確認ください。
Cisco Webex: https://www.webex.com/ja/index.html
Webexヘルプセンター: https://help.webex.com/ja-jp/

その他:演題・講演者、プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。本講演会は、名刺交換会はございません。ライブ配信のみとなります。再放送、録画放送はございません。

連絡先・申し込み先
千葉大学大学院工学研究院 桑折 道済
〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33
TEL: 043-290-3393、E-mail: kohri@faculty.chiba-u.jp

 

【開催延期】第98回千葉地域活動高分子研究交流講演会

新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、参加者の安全を第一に考慮し、6/2の開催は延期といたします。
開催の際には、HP上にてご案内をいたしますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

主催 高分子学会関東支部

日時 令和2年6月2日(火)14:00-17:20

会場 出光会館(JR内房線姉ヶ崎駅からタクシー5分、徒歩15分)

講演

  • 14:00-15:00 <座長:高沖 和夫(住友化学)>

ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー「SUSYMTM(サシム)」

会田 昭二郎(ブリヂストン)

  • 15:10-16:10 <座長:吉田 伸(ダウ・東レ)>

マイクロプラスチックの環境問題と今後の動向

亀田 豊(千葉工業大学)

  • 16:20-17:20 <座長:棚瀬 省二朗(出光興産)>

動的な架橋を有するイオン性エラストマー ~自己修復と気体可塑性を中心に〜

三輪 洋平(岐阜大学)

懇親会 17:30~19:00 出光会館

 

参加要領 講演聴講・懇親会、ともに当日受付・支払いとなります。

参加費: ①会員・法人会員企業社員・学生:無料、②非会員:1,000円

懇親会費: ①一般:4,000円、②学生:1,000円

連絡先・申し込み

千葉大学大学院工学研究院 桑折 道済

〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33

TEL: 043-290-3393、E-mail: kohri@faculty.chiba-u.jp

 

【開催中止】第37回高分子学会千葉地域活動若手セミナー

【開催中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染の拡大とそれに伴う社会情勢を踏まえ、今年度の若手セミナーは中止とさせて頂きます。

主 催 高分子学会関東支部 千葉地域活動若手会

日 時 2020年3月13日(金)13 : 00 ~ 17 : 40

会 場 東京大学柏キャンパス 物性研6F講義室A632(〒277-8561千葉県柏市柏の葉5-1-5)

交 通 つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅下車,バス15分

プログラム

ポスター発表並びに企業の会社・製品紹介   < 13:00 〜 14:20 >

招待講演 40分/件(質疑応答込)   < 14:50 〜 16:20 >

1)新たな海水中生分解性試験の取り組み(仮)14:50~15:30

(化学物質評価研究機構)樽木 正範 氏

2)超分子・分子認識化学に基づいた高感度ガスセンサ/ガス放出材料の構築15:30~16:10

(物質・材料研究機構)石原 伸輔 氏

休憩10分

3)イオン交換樹脂による微量成分除去技術 16:20~17:00

(オルガノ株式会社)中村 慎司 氏

4)大気圧プラズマを起点とした超高分子量グラフトポリマーの作製 17:00~17:40

(東京農工大学)大橋 秀伯 氏

懇親会、およびポスター賞の発表   < 18:00 〜 19:30 >

東京大学柏キャンパス カフェテリア

参加要領 1)定員100名 2)参加費 ①一般 2,000円(当日徴収) ②学生 無料 3)懇親会参加費(当日徴収) ①一般 4,000円 ②学生1,000円 ※参加人数によって変動する可能性があります。4) 申込方法 氏名、所属、身分、連絡先(Email)、懇親会出席の有無、ポスター発表の有無を明記し、事前にEmailにてお申し込みください。席に余裕がありましたら当日登録もお受けします。 5)製品紹介を希望する企業の参加者は下記にお問い合わせください。

連絡・申込先 〒277-8561千葉県柏市柏の葉5-1-5東京大学 柏キャンパス 基盤棟603

TEL: 04-7136-3757  E-mail: rmaeda@edu.k.u-tokyo.ac.jp

 

開催中止!! 第31回埼玉地区懇話会

【開催中止のお知らせ】

COVID-19の情勢を鑑み、参加者の安全を第一に考慮し、開催を見送ることといたしました。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

<趣旨> 今年は、大学と企業の先生方に講演を行って頂き、ポスター発表は例年通り学生および企業の若手研究者の方に行っていただく懇話会としました。講演は、生体高分子分野と材料科学の分野から、糖鎖複合体の研究開発、エマルション型粘着剤の開発、およびタンパク質を利用したゲル材料開発について先端的な研究とその課題などをご講演いただきます。 

主 催 高分子学会関東支部

共 催 埼玉大学先端産業国際ラボラトリー

会 期 令和2年 3月5日(木)

会 場 埼玉大学 研究機構棟 7階大会議室

    (所在地:埼玉県さいたま市桜区下大久保255)

交 通  ・JR京浜東北線「北浦和駅」西口下車→バス「埼玉大学」ゆき(終点)

・JR埼京線「南与野駅」下車→北入口バス停から「埼玉大学」ゆき(終点)

・JR埼京線「南与野駅」下車→西口バス停から全ての便が埼玉大学を経由します

・東武東上線「志木駅」東口下車→バス「南与野駅西口」ゆき(「埼玉大学」下車)

(アクセスマップ:http://www.saitama-u.ac.jp/access/accessmap/)

<プログラム>

<13 : 20~17 : 00>

講 演(研究機構棟 7階大会議室)

13:25~14:25

1)「機能性糖鎖複合体の開発」

(埼玉大学大学院 理工学研究科)松下 隆彦

休憩(10分)

14:35~15:20

2)「アクリル系エマルション型粘着剤の設計」

(サイデン化学株式会社 開発本部) 川村 修司

休憩(10分)

15:30~16:30

3)「細胞骨格タンパク質を利用した動的ゲル材料の開発」(仮題)

(埼玉大学大学院 理工学研究科)川村 隆三

ポスター発表&懇親会<17 : 00~19 : 00>

埼玉大学 第2食堂

参加申込要領 1)定員 60名 2)参加費無料 3)懇親会費 ①一般 5,000円 ②学生 1,500円(当日徴収) 4)申込方法 氏名,勤務先,連絡先,ポスター発表希望の有無懇親会出欠を明記の上,E-mailあるいはFAXでお申し込みください。懇親会準備の都合上、事前申し込みをお願い致します。なお、講演会参加のみの方は当日申込でも可能です。 5)事前申込締切 2020年2月20日(木) 6) ポスター発表要旨締切 2月27日(木)要旨の様式は申込をいただいた方にお送りします。

申込・問合せ先 〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保 255

埼玉大学大学院理工学研究科物質科学部門 松岡浩司

Tel/Fax: 048(858)3099